人気のデリヘルに務める女の子から学ぶこと

最近人気のあるデリヘルに務めだしてから知った男の本音、色気のある女の嗜みとは

*

男性だって傷つくセックス中の女の子の言動

      2017/05/28

男性だって傷つくセックス中の女の子の言動1にも2にもセックス、3・4がなくても5にセックス!という男性。確かにあながち間違ってはいないと思うのですが、そんな男性でもさすがに傷つくことがあるのです。

それがたとえ、いい雰囲気の中始まったセックスであっても中断するほどショックが大きいことだってあるのです。

そんな中でもダントツに多いものにフォーカスを当ててみます。

・ダメダメダメ
セックス自体を拒んでる訳ではないけれど、明かりを付けたままはダメ、こっち見ないで、そんな体位できない…どうやっても応えが否定で返ってくる場合。

さすがに男性もたとえよい感じでスタートしたセックスも中断なんてことに。

確かに恥ずかしいから明かりは消してやりたいという子が多いと思います。

明かりが煌煌と照る中で顔も身体もすべて丸見えの状態は確かに恥ずかしい気持ちはわかります。

そんなときは「ダメ」ではなくて「恥ずかしいから」と言い換えてみましょう。

間接照明くらいのほんのり明るいくらいなら雰囲気もよくなるのでセックスモードに入ったら自分から照明を切り替えてしまうのも手です。

成田のシークレットタイムのデリヘル嬢はなんでもダメダメいうような子はいないですからね、男性ならすごく楽しいプレイができるはずです。

・これって元カレ?
なんとなく元カレに調教されたのかな?と思わせるようなコアなプレイをさらりとやってしまうとメンタル的に打撃がきてしまうものです。

特に男性は、昔の男の存在に敏感なところがあるので、何もいわずにぐいぐいと攻めたりすると気分を損ねかねません。

初めてだからわからない…「こう?」と質問しながらちょっと恥ずかしそうな演技を忘れずに。

・気分
これはどちらかの問題ではなくてお互いの気持ちに温度差があると急に訪れる気分の盛り下がり。

彼女はスローセックスを求めているのに男性はやる気満々だったりすると、お互いに身体に触れることも無く終わってしまったりなんてことも。

お付き合いが長くなればなるほど、こういったすれ違いが起こったりするものです。

成田でデリヘルを利用する時のシークレットタイムなら男性好みのシチュエーションを知っているので、すごく気分が高ぶるはずです。

もちろんめちゃめちゃ興奮するんで勃ちもいつも以上にすごいんですw

セックスにしても何にしても、前後のコミュニケーションはかなり重要になります。

終わってからもすぐに爆睡するよりは、一言でも二言でもいいので言葉を使って、感想を言い合ったり愛を確かめ合うこと。

これはかなり重要なことですよ。

プロばかり?いいえ!!成田のデリヘルで素人がいる人気のシークレットタイムで初々しい体験を♪

 - 男のカラダ

  関連記事

全国共通のデリヘルで実践すると男性が喜ぶプレイ
全国共通のデリヘルで実践すると男性が喜ぶプレイ

日本のデリヘルは本番行為が法律で禁止されているので、挿入はしませんが、男性の性欲 …