人気のデリヘルに務める女の子から学ぶこと

最近人気のあるデリヘルに務めだしてから知った男の本音、色気のある女の嗜みとは

*

相模原のデリヘルでも情報がオープンになってきた近年の性風俗業界

一昔前まではほとんど知られることのなかったデリヘルなどの性風俗業界の実態。女性の性に対する興味や意識が以前と変わってきたことが何よりも大きく関わっています。
デリヘルで働いていることをオープンにする女の子も昔に比べるとかなり多くなってきました。業界の経営者側から見るとそれはとてもありがたいこと。学生やフリーターなどを両立している子もたくさんいます。彼女達は一般教養はあるので、デリヘル嬢のなかでもかなりまともw
意識も高く、目標をしっかりもっているのでデリヘルで働いている期間は割と短いです。しかし、働きだした子達が今までよりも生き生きとしてくることも多くあります。

元契約社員

事務職の契約社員として努めている女の子。仕事はきっちり定時の9時から夕方5時まで。毎日特に何もなく、淡々と過ぎていく日々。しかも契約社員なので契約が切られてしまえば仕事も無くなってしまいます。仕事内容的にも決して面白い業務ではないのです。お給料だって毎日働いたところで10万円そこそこ。もう少しやりがいのある仕事がしたいということで、通信教育もやっていたそうです。
そんなときにふと目に入ったデリヘル業界。性への興味と短時間で収入が多いのも魅力的に感じてデリヘル嬢と事務職のダブルワークになりました。
日中の仕事をしながら、仕事が終わってからや休みのときにちょっとした時間で働けるのが魅力。日中の仕事を辞めないのは次に就職するときに、履歴書の職務経験にしっかりと記入することが出来るからとけっこうしっかりしています。生活が特別ハデになることもなく、生活費の足しにすることと貯金を増やしたいからということ。貯金額はあと100万円くらい貯まったら辞めるつもりでいるそうです。いつまでもダラダラ続ける仕事ではないと割り切っているみたいです。

現役女子大生

4年制の大学だと講義の合間だとか、1日のうちに大学にいなきゃいけない時間が短かったりすることが多いです。友だちも時間があえば一緒にランチやカフェに行ったりするそうですが、他にバイトをしていたり趣味があったりと時間があわないことも多いんだとか。
そんなときに違う子から紹介してもらったのがデリヘルだったそうです。空いている時間に稼げるからとかなり気軽に始められたそうです。テスト期間は避けたり、自分の都合で出勤できるのも助かっているそうです。週に1〜2回出勤するだけでも他の大学生からするとかなり高収入になるので、かなりリッチな生活ができているみたいですよ。
そんなんじゃダラダラと続けてしまうのではないかと思ったのですが、1人暮らしの資金を貯めるために頑張っているので、それが貯まり次第辞めるつもりでいるそうです。
しっかり、ちゃっかり稼げている現役大学生のようです。

最近では男性との経験をもったことのない正真正銘の処女も風俗業界で働くような時代。中には童貞君が処女を求めてくることがおもしろくて辞められないなんていう子もいたりします。
しかしこういった子達がデリヘルを始めると面白いくらいに綺麗になっていったりするのも事実なんです。女が女として認められているからこそ魅力をもっと引き出せているのではないでしょうか?
相模原のデリヘルを男性が利用する場合ではどんな事があるでしょうか。
県境という事からも穴場的存在の相模原のデリヘルでは魅力たっぷりの女性と遊ぶ事ができるということで都内から呼び寄せるという人も多いようです。どんどん魅力的に成長していく女の子の様子を見ているのもまた醍醐味だと語る男性もいますからね。
それぞれのライフスタイルや希望のプレイによって店を変える事もできますし、派遣されてきた女の子とは合わないと感じたら次回の利用は違う子にしようと決める事もできます。これといった型にはまる事なく楽しむ事ができるのがいいですよね。
エロに対して『自由』を手に入れること、時間的な自由や肉体の解放など楽しみ方も感じ方も人それぞれです。
相模原のデリヘルでエッチなひと時を過ごす事ができます。
そのために何かを努力しなければならないという事があっても乗り越える事ができますよね、いわば自分へのご褒美ですから。

公開日:
最終更新日:2016/09/01